お知らせ

10月9日(月・祝)第29回出雲駅伝エントリー選手

(2017-10-04)

 本学駅伝部は、10月9日(月・祝)に島根県出雲市で開催される「第29回出雲全日本大学選抜駅伝競走」に3年連続8回目の出場をいたします。

 出雲駅伝は、出雲大社の大鳥居前をスタートし、6区間45.1kmを21チームが競います。
前回第28回大会は、本学駅伝部は4区で村上 優輝選手(現JFEスチール)が区間新の走りを見せ、総合4位でゴールしました。また第27回大会を走った潰滝 大記選手(現富士通)が2区の区間最高記録を保持しています。

 第29回大会のエントリー選手は以下のとおりです。(区間エントリーは大会前日の10月8日(日)です。)
応援よろしくお願いします。

4年 大森 澪
3年 廣 佳樹、福岡 海統、市山 翼、實政 瑛久
2年 横川 巧、高砂 大地、有馬 圭哉、藤田 大智
1年 高橋 翔也

 

•本学後援会・学友会(中国・四国地区支部)による応援については、後援会のページにてご案内しております。
•テレビ放映:フジテレビ系全国ネット 13:00~15:25
出雲全日本大学選抜駅伝競走公式ホームページはこちら
•本学駅伝部の出雲駅伝での記録はこちらのページ

 

 

第43号学友会会報に関する一部訂正について(お詫び)

(2017-10-02)

         第43号学友会会報に関する一部訂正について(お詫び)

 

学友会会報に誤りが3箇所ございました。下記の通り訂正についてご案内させていただくと共に、
会員の皆様ならびに関係者の皆様にはご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

                   記

○3ページ

(誤)駅伝部主務 宮 準さん  → (正)駅伝部主務 宮 隼さん

 

○3ページの下写真2枚に誤りがありました。

(誤)左:駅伝部主務 宮 隼さん  右:駅伝部マネージャー 髙見 翔さん

(正)左:駅伝部マネージャー 髙見 翔さん  右:駅伝部主務 宮 隼さん

 

〇8ページ ゴルフ部副主将 丹野 寧々さんコメント内
(語)可動域を拡げるPPIトレーニング  → (正)可動域を拡げるTPIトレーニング

                                          以上

 

 

平成28年度 寄付のお礼と報告

(2017-08-31)

中央学院大学学友会会員の皆様へ

平成28年10月より、一般寄付と特定寄付(全日本大学野球選手権大会準優勝にともなう寄付)を会員の皆様に
募らせていただきました。御蔭様で多くの方々からご支援を賜り、下記の通りご寄付を頂戴いたしました。
皆様のご芳志に心から御礼申し上げます。

ここに、平成28年度寄付状況を報告いたします。
  一般寄付金  54件 482,000円
  特定寄付金  13件  83,000円

 

 

 

中央学院大学卒業生親睦会助成金 利用規約 及び 申請書類

(2017-07-20)

中央学院大学学友会の親睦会助成金の申請には、助成条件や申請方法のきまりがございます。
必ず下記の利用規約をお読みいただき、ご理解していただいた上で申請をお願いいたします。
 

● 中央学院大学卒業生親睦会助成金 利用規約

(目的)
第1条 本事業は、中央学院大学学友会規約第4条第1号「会員相互の親睦を図るための懇親会、その他地区集会等の開催」事業の一環とし、卒業生が主催する宴会(以下、「親睦会」という)に対する助成を行うことにより、卒業後における会員相互の親睦交流を深めることを目的とする。

(対象)
第2条 助成の対象は、卒業生が10名以上出席し、かつ、中央学院大学卒業生親睦会助成金報告書(以下、「報告書」という)や、親睦会時に撮る集合写真等が、会報やホームページ上に掲載される場合があることを申請代表者(以下、「主催者」という)が親睦会参加者全員に掲載について同意を得ることを前提としていることから、本会は、主催者から提出された写真等の掲載により発生した一切の損害等につき何らの責任も負わないものとする。

(助成の基準)
第3条 親睦会への助成は、次の通りとする。

  1. 助成金額は、1回の開催につき3万円を上限に実費を支給する。ただし、毎月5組限定とし、5組以上の申込みがあった場合には、第三者立合いの下、公正に抽選をし、本会事務局(以下、「事務局」という)より主催者に抽選結果を郵送する。
  2. 一つの親睦会に対する助成は年1回とする。なお、親睦会提出名簿に他の親睦会への参加等で名前が重複していた場合(同一人物の複数回参加)は人数から除くこととする。
  3. 開催日当日、キャンセル等で卒業生が10名以下になってしまった場合は助成対象外とする。
  4. 当該年度の本事業予算の全てを支出した場合は、この限りではない。

(申請)
第4条 助成を希望する親睦会の主催者は、本会のホームページから所定の方式により申請書類(卒業生親睦会助成金交付の申請書)を印刷し、開催前月の20日までに事務局へ郵送(必着)する。

(決定)
第5条 申請内容を事務局で確認後、開催前月の30日までに事務局より主催者に助成の可否を郵送する。

(報告)
第6条 助成の決定を受けた親睦会の主催者は、親睦会を実施した後、2週間以内に所定様式の報告書及び領収書(宛名は「中央学院大学学友会」とする)、本会のホームページより目印を印刷し、その紙を持った集合写真1枚を事務局へ提出しなければならない。なお、一旦本会へ提出された報告書及び写真については、これを返却しないこととする。

(助成の交付)
第7条 助成金の支給は、報告書等受領後に事務局にて精査し、書類の不備等問題がないことが確認出来次第、主催者が指定する金融機関口座へ振込を行う。振込までの期間はおおよそ書類受領後1カ月以内を目安とする。

(情報の公開)
第8条 本会は、会報やホームページ等において、助成を実施した活動を公表する。

(規約の改廃)
第9条 本規約の改廃は、本会理事会の決議により行う。

附則
本規約は平成29年7月10日より施行する。
 
 

● 申請書類・集合写真の目印 ダウンロード

助成条件や申請方法等の記載がございますので、必ず上の利用規約をお読みいただき、ご理解していただいた上で申請をお願いいたします。
 

btn_entry_01  btn_entry_02

 

 

「中央学院大学卒業生親睦会助成金」のお知らせ

(2017-07-20)

fund-reunion
学友会では、2018年9月~2019年8月末までの期間限定の制度として、卒業生同士がより親睦を深めていただけるよう、親睦会に助成金を交付する制度を設けておりましたが、ご好評につき2019年8月末まで本制度のお申込み期間を延長しました!
原則として、期間内に1度(1人1回)卒業生が10名以上集まる親睦会に対して、3万円を助成いたします。
これを機に懐かしい旧友をお誘い合わせの上、近況報告や懐かしい思い出話をする機会を作ってみませんか?

助成条件や申請方法等記載がございますので、必ず利用規約をお読みいただき、ご理解していただいた上で申請をお願いいたします。

【申請の流れ】

①利用規約を読む。
   yajirushi
②学友会親睦助成金交付の申請書を印刷する。
   yajirushi
③申請書作成 → 学友会事務局まで郵送。※開催前月20日必着。
   yajirushi
④申請書確認後、助成の可否と報告書を開催前月30日迄に申請者へ郵送。
 → 主催者はホームページより集合写真撮影時に持つ目印を印刷する。
   yajirushi
⑤親睦会開催(必ず各自で印刷した目印を持ち、参加者全員で集合写真を撮る。)
   yajirushi
⑥親睦会後、2週間以内に学友会親睦会助成金交付の報告書と集合写真を提出。
※集合写真の裏に、左側から名前の記載をお願いします。
   yajirushi
⑦報告書と集合写真を確認後、申請者へ助成金を入金。


 
親睦会助成金 利用規約

 

 

ロゴ

    【中央学院大学 学友会】

     〒270-1196
     千葉県我孫子市久寺家451
Copyright© 2014 中央学院大学 学友会 All Rights Reserved.