中央学院大学 学友会規約

 

第1条 〈名称〉

本会は、中央学院大学学友会と称する。
2 本部事務所は千葉県我孫子市久寺家451、中央学院大学内に置く。
3 支部事務所に於いては、別途に定める。
 

第2条 〈目的〉

本会は、中央学院大学(以下「大学」という。)の発展に協力し会員相互の親睦を図ることを目的とする。
2 本会の目的を達成するため、学長を中心とした大学関係者と密に連絡を取り合うこととする。
 

第3条 〈運営〉

本会の運営は、会費、寄付金、事業収益等により運営する。
 

第4条 〈事業〉

本会はその目的を達成するため、次の事業を行うことができる。
(1)会員相互の親睦を図るための懇親会、その他地区集会等の開催
(2)大学の教育、研究行事に対する補助及び助成に関する事業
(3)会員名簿の管理
(4)会報の発行
(5)その他本会維持発展のための必要な事業
 

第5条 〈会員〉

本会は次に掲げる者を会員とする。
(1)大学の学部を卒業した者又は大学院を修了した者。
(2) 本会に対し特に功労のあった者で、本理事会において承認された者を名誉会員として登録できる。
(3)在学生を準会員として、入学と同時に登録する。
 

第6条 〈会費〉

会費は、別に定める会計規則に基づき、会費を納めなければならない。
 

第7条 〈資格の喪失〉

会員は、次の事由によってその資格を喪失する。
(1)死亡、失踪宣言
(2)本会の名誉を傷つけ、会員としての義務に違反した者で理事会において除名を決議された者
 

第8条 〈役員〉

本会に、次の役員を置く。
(1)会長   1名
(2)副会長  2名
(3)理事   6名以上15名以内
(4)監事   2名
2 役員は会員の資格を有するものでなければならない。
3 本会は第2条第2項の趣旨に基づき大学学長を名誉会長とする。
 

第9条 〈役員の職務〉

会長は本会を代表し、会務を総括する。
2 副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時は、会長の職務を代行する。
3 理事は理事会を組織し、本会の運営にあたる。
4 監事は本会の会計および会務の執行を監査する。また、理事会に出席して意見を述べることができるとともに、総会において監査の結果を報告しなければならない。
 

第10条 〈役員の選出・補充〉

会長・副会長については、理事会で推薦した者を総会において選出する。
2 理事については、会長の指名による。
3 監事においては、理事会において選出する。
4 本会役員に欠員が生じた場合は、速やかに補充しなければならない。
 

第11条 〈役員の任期〉

本会役員の任期は4年とする。
2 役員は再任を妨げないが、原則として2期8年に限る。
3 補欠による役員の任期は、前任者の残任期間とする。
4 役員は、その任期満了後でも後任者が就任するまでは、その職務を行う。
5 役員は、本会の役員たるにふさわしくない行為があった場合、また特別の事情のある場合には、その任期中といえども理事会の議決によりこれを解任することができる。
 

第12条 〈総会〉

総会は定期総会および臨時総会とする。
2 定期総会は、毎事業年度終了後適切な時期に開催する。
3 臨時総会は、会長が必要と認めたとき、又は会員総数の100分の1以上の要請がある場合に開催する。
4 総会の議長は、会長または会長の指名した者がこれにあたる。
 

第13条 〈総会の招集〉

総会は、会長がこれを招集する。
2 総会の招集は、会議の目的たる事項、日時、場所を記載した書面をもって、開催日の14日前までに告知しなければならない。
3 前項の告知は電磁的方法によることもできるものとし、その具体的方法については別に定める。
 

第14条 〈総会の議決事項〉

次に掲げる事項は、総会の議決を経なければならない。
(1) 会則の改訂
(2) 事業計画および予算
(3) 事業報告および決算
(4) 会長・副会長の選任
(5) その他会長が必要と認めた事項
 

第15条 〈総会の議決方法等〉

会員(名誉会員及び準会員を含まない)は、総会において各1個の議決権を有する。
2 総会の議決は、出席会員の過半数によって行い、可否同数の場合は議長がこれを決する。
 

第16条 〈書面による議決〉

会員はあらかじめ通知された事項につき、書面をもって意見を述べることができる。
 

第17条 〈議事録〉

議長は、総会の日時および場所、出席会員数、議決事項およびその他の事項について、議事録を作成しなければならない。
2 議事録については、議長および出席会員のうちから総会において選出された議事録署名人2名が、署名し押印するものとする。
3 議事録は、作成後事務室に備え置くとともに、会員に周知しなければならない。
 

第18条 〈理事会〉

理事会は会長、副会長および理事をもって構成し、本会の運営執行にあたる。
2 理事会は会長が招集し、議長となる。
3 理事会を招集するには、会議の目的たる事項、日時、場所を記載した書面をもって、開催日の7日前までに告知しなければならない。
4 理事会は理事の半数以上の出席をもって成立し、その議決は出席理事の過半数によって行い、可否同数の場合は議長がこれを決する。
5 理事会に議長を置き、会長をもってあてる。
6 理事会の議事については議事録を作成し、議長および出席した1名以上の理事が署名しなければならない。
 

第19条 〈会計〉

本会の会計年度は、毎年9月1日より翌年8月31日とする。
2 会計については、別に会計規則を定める。
 

第20条 〈支部の設立〉

支部を設立するには次の定めによる。
2 支部規約・支部役員名簿を添え理事会に提出し、会長の承認を得なければならない。
 

第21条 〈支部の運営〉

支部の運営は支部規約により独自で行うものとする。
2 支部は常に本部と連絡を取り、本会発展のために協力する。
3 支部は理事会の承認を得て支部運営費の助成を受けることができる。
 

第22条 〈支部の改組・廃止〉

支部が次に違反した場合は、理事会の議を経て、会長はその支部の改組・廃止を命ずることができる。
(1)支部規約に違反した場合
(2)事実上支部活動を停止した場合
(3)本理事会で定めた指示に従わなかった場合
 

第23条 〈届出の義務〉

会員が住所・氏名及び職業等を変更した場合は、速やかに事務局まで届け出なければならない。
 

第24条 〈本会規約の変更〉

本会規約の変更は、理事会において審議提案し、総会の承認を得るものとする。
 
【附則】
 1 本規約は、昭和51年4月1日より施行する。
 2 本規約は、平成23年10月29日より施行する。
 3 本規約は、平成24年11月3日より施行する。
 

中央学院大学学友会会計規則

第1条 〈会費〉

会費は、年額10,000円とする。
 

第2条 〈会費の納入〉

会費の納入は、中央学院大学学友会規約第5条(1)、(3)の定めにより、会員、準会員に登録されるときから開始される。
2 会費は、毎年度始めに、納めなければならない。
3 既納の会費は理由の如何を問わず、これを一切返却しない。
 

第3条 〈会費の免除〉

中央学院大学学友会規約第5条(2)の定めによる、名誉会員は会費を免除する。
2 準会員として定められた会費を納入した場合、以降の会費納入を免除する。
 

第4条 〈予算超過・予算外支出〉

特に必要性の高い事業に伴う、予算超過あるいは予算外の支出が必要となった場合は、理事会の議を経て、これを行うことができる。
 
【附則】
 1 本規約は、昭和51年4月1日より施行する。
 2 本規約は、平成23年10月29日より施行する。
 3 本規約は、平成24年11月3日より施行する。
 

ロゴ

    【中央学院大学 学友会】

     〒270-1196
     千葉県我孫子市久寺家451
Copyright© 2014 中央学院大学 学友会 All Rights Reserved.