平成23年度 第1回 理事会議事録

1.議事日程

(1)日時  2011年11月25日(金曜日)、19時10分より20時20分まで
(2)場所  ザ・クレストホテル柏 3階 メイプル・ルーム
(3)参加者 白鳥会長、高久副会長、廣幡理事、椎名理事、河内理事
(4)委任者 瀬田理事、秋元理事、坂田理事
(5)書記  河内理事

2.審議内容

白鳥会長開会の挨拶に引き続き、椎名学長より大学の近況を伝える挨拶後、白鳥会長が議長として本日の理事会成立の定足数を告げて、事前に理事に告知した議事に入る。

(1)10月29日総会議事録を河内理事が読み上げ、原案通り承認した。

(2)10月29日総会において承認された学友会会則につき、会則の体裁や文言の一部追加修正が審議され、基本的に承認された。変更は形式面のみで内容面の実質修正はないが、総会での決議の縛りを勘案し、これをHP上で公開し意見を聴取しつつ、学校法人中央学院規程集には収めることとし、来年の総会で追認か報告で対応することとした。

(3)総会で承認された新役員名簿が配布され再確認された。白鳥会長より、監事については、1期生須山氏や過日の総会に参加した山田高校教諭を候補に上げているが次回の理事会に提案する方針を了承した。

(4)会則に基づく支部総会創立に向けて、まず、学友会中国四国支部結成の準備段階として、来年3月10日広島で行う後援会中国・四国地区支部教育懇談会に並行して地域の卒業生の結集を呼び掛けることとした。
これに伴う学友会HPへの掲載並びに担当地域の案内状の送付は、河内理事が大学総務課と協力して行うことと、3月10日開催の教育懇談会へは白鳥会長、廣幡理事が参加予定であることが承認された。

(5)椎名学長より、本学卒業生教育関係者の集まりである「中央学院大学卒業生教育職員会」の発足の経緯が配布資料のもとで説明され、来年度学友会の新しい機能的支部として認定する方向で今後継続審議することとした。

(6)(4)も含め、大学側も学友会の事務局を支援するかたちで、河内理事(大学総務課長)が大学の窓口となり事務支援をすることになり、議事録作成やHP業者等と直接打合せすることが容認された。

(7)白鳥会長より、今回の役員改選で四者(中央高校、旧短大、学院高校、大学)連合協議会の大学学友会登録者に河内理事を推薦したいとの提案があり、会長が今後法人関係者と詰めることとした。

(8)椎名理事より、理事会出席の交通費等名目での手当支給の提案があり、大学の後援会役員出席手当や我孫子市などの委嘱委員の手当等勘案して社会通念の範囲内で支給する方向で検討することとした。

(9)椎名学長より、大学創立45周年記念募金に付属高校校友会同様に学友会として寄付の協力依頼があり、引き続き検討することとなった。

(10)その他の報告事項
①椎名学長より、11月15日に学生の震災・防災訓練があり、訓練後の学生への炊き出し代を大学に委託されている学生支援金から支払わせていただいた礼がなされた。
②同じく、椎名学長から昨年学友会40周年記念事業の一環としての経済的支援の奨学金の現在までの学生利用状況の説明がなされた。
③白鳥会長より、今春卒業生の就職率の質問があり、学長椎名から千葉県の平均値を少し上回りはしたが厳しいものであったことが告げられた。白鳥会長より支部の創立により、現役学生への就職支援そして入試支援の必要性が強調された。

予定されていたすべての議事が終了し、白鳥議長が閉会を宣す。

ロゴ

    【中央学院大学 学友会】

     〒270-1196
     千葉県我孫子市久寺家451
Copyright© 2014 中央学院大学 学友会 All Rights Reserved.