平成29年度 第2回理事会議事録

1.議事日程

(1)日 時 2017年2月17日(金) 18時30分~20時40分
(2)場 所 中央学院大学本館7階 大会議室
(3)出席者 廣幡会長、西丸副会長、山田副会長、井上理事、須山理事、山上理事、坂本理事、押田理事、
       森口理事
(4)欠席者 宮入理事
(5)監 事 島田監事
(6)オブザーバー参加者 佐藤学長

2.理事会の成立

 廣幡会長の指名で進行役・森口理事より理事現員10名、出席者9名、欠席者1名で中央学院大学学友会規約
第18条第4項に基づき本会が成立する旨、報告がなされた。

3.審議事項

 廣幡会長が議長として開会を宣言し、配布議事案に沿って審議に入る。
【1】硬式野球部 特定寄付について
 森口理事より、平成29年2月17日現在83,000円の寄付があった旨報告があった。この額に417,000円本会より寄付金を追加し、500,000円を硬式野球部に寄付することが審議の結果、承認された。
なお森口理事より、硬式野球部に本会特定寄付を受取意思があるのか確認の必要があるとの意見が出され、受取意思確認後の受渡しとすることとした。
【2】課外活動助成金申請について
 森口理事より、理事会資料1に基づき少林寺拳法部より遠方への研修(合宿を含む)の費用負担に関する学友会課外活動助成金申請書(第3条に基づく申請)が、提出された旨の説明がされた。山上理事、須山理事より研修に参加する事で得られた成果等の詳細な資料の提出が必要ではないかとの意見が出された。その旨当該クラブに周知させる事とし、審議の結果、課外活動助成金支給に関する規約に基づき助成金を支出することが承認された。
【3】駅伝部への寄付金について
 廣幡会長より本会から中央学院大学が募集している【「第93回箱根駅伝」出場に伴う寄付】に対し廣幡会長の判断で100万円の寄付(1月30日付)を行ったが、金額等が適正であるか審議して欲しいとの意見が出された。森口理事より昨年の学友会総会時に平成28年度予算(事業計画)に箱根駅伝出場に伴う駅伝部への寄付が
承認されている旨も併せて報告がされた。例年と同額であることから審議の結果、寄付額は適正であると承認された。
【4】その他
 ・井上理事より、箱根駅伝応援の際の役員ジャンパー(コート)の制作、また、役員の日当についての確認がなされ、次回以降の理事会で審議することとなった。
 ・欠席の宮入理事より、新理事の役割について明確化してほしいとの意見が、委任状に記載されており廣幡会長に確認を行った。基本的には現状の役割を考えているが、新理事の人選も未定であるので決定次第再度各理事に
確認をすることとなった。
 ・オブザーバーの名誉会長である佐藤学長より、前回の理事会で廣幡会長に一任された大学事務局(総務課)としての理事会参加についての進捗状況の確認があった。廣幡会長は引き続き検討しているとの回答であった。
また、名誉会長より河内前理事の後任に関して、廣幡会長と大学側とで話し合いを持たれてはどうかという意見が出され、学友会規約第10条により理事については会長の指名によることから、廣幡会長に一任された。なお、廣幡会長より石山監事に関して、前回理事会以降も未だに連絡が取れていないので引き続き連絡を取る努力を続けたいとのことであった。
 ・廣幡会長より、各地での同窓会開催にあたり開催費用の補助を行いたい旨の提案がなされた。総会で本年度
予算は既に承認されているので、次年度以降の実現に向けて、今後理事会にて審議していくこととなった。

4.報告事項

【1】箱根駅伝応援バスツアーについて
 井上理事より、本年1月2日の箱根駅伝応援バスツアーについて報告がなされた。
今後については、バス会社の選定等新たに検討していきたい旨が報告された。また、補足として森口理事より、
次とおり報告がなされた。
応援バスツアーへの参加者は、一般132名・学友会役員10名の合計142名となった。参加費収入は、大人3,000円×117名、小学生1,000円×11名、未就学児4名は無料、合計362,000円となった。
【2】その他
 3月11・12日に広島県にて開催される学友会中国・四国地区支部地方会に、本会から坂本理事を参加させたいとの廣幡会長の意向があり、了承された。なお、山田副会長も大学側の業務(商学部長及び講演者)として参加する予定であることが報告された。

 廣幡会長より、予定されていたすべての議事が終了した旨が告げられ閉会する。

ロゴ

    【中央学院大学 学友会】

     〒270-1196
     千葉県我孫子市久寺家451
Copyright© 2014 中央学院大学 学友会 All Rights Reserved.