平成28年度 第3回理事会議事録

1.議事日程

(1)日 時 2016年4月15日(金) 18時~20時20分
(2)場 所 中央学院大学本館7階大会議室
(3)出席者 廣幡会長、西丸副会長、山田副会長、井上理事、須山理事、山上理事、押田理事、
       河内理事、森口理事
(4)欠席者 宮入理事、新保理事
(5)オブザーバー参加者 佐藤学長
(6)特別報告者 畠山慎市弁護士

2.理事会の成立

 廣幡会長の指名で進行役・河内理事より理事現員11名、出席者9名、欠席者2名で中央学院大学学友会規約
第18条第4項に基づき本会が成立する旨、報告がなされた。

3.審議事項

 廣幡会長が議長として開会を宣言し、配布議事案に沿って審議に入る。
【1】大学創立50周年記念について
 河内理事より、次のとおり説明がなされた。
大学創立50周年記念式典は11月19日(土)に開催される。式典の招待者は、他大学の代表者、関係団体、
業者等が 予定されており、卒業生については学友会会長・副会長・理事までと思われる。そこで卒業生に対しては、あびこ祭初日の10月29日(土)にホームカミングデーというイベントが予定されている。大学内のホームカミングデーワーキンググループのリーダーより、学友会への協力依頼が届いている。具体的には、①学友会会報への掲載、②グッズの製作、③インビテーションカードの発送費用の補助等である。
 佐藤学長より、大学創立50周年に向けて取り組んでいる状況について、次のとおり説明がなされた。
大学として、さまざまな記念行事を企画しており、式典の開催、年史の発行、広報誌の発行、学生チャレンジの
支援、在学生からの新グラウンド名称募集、ロゴマークとマスコットのデザイン募集、卒業生を対象としたホームカミングデーの開催等について担当者を決めて進行している。この中で、卒業生が集まってくれるホームカミングデーという企画については学友会の協力をお願いしたい。50周年のイベントは、大学としては今年で終わってしまうので、大学と学友会が連携して、ホームカミングデーを来年以降も継続してできるよう検討していただきたい。以上の説明を受け、今後大学側の要望を検討しながら協力していくこととした。
【2】学友会会報の発行について
 河内理事より、理事会資料①に基づき、3社見積もりの結果と封入・発送代行の昨年実績について説明がなされ、審議の結果、会報の製作は「東京平版株式会社」に、封入・発送代行は「株式会社JTBビジネスネットワーク」とすることが承認された。

4.報告事項

【1】中国・四国地区支部地方会について
 山田副会長より、3月5・6日に香川県高松市にて開催された中国・四国地区支部地方会について報告がなされた。
この地方会は、後援会中国・四国地区支部教育懇談会と併催され、本部からは廣幡会長と山田副会長が、中国・
四国地区からは須山理事と卒業生3名の参加があった。現地で参加した卒業生3名は、同じ高松市内にいるにも
関わらず、横の繋がりがなかったことと、山田副会長が高松在住の同期と連絡を取ったところ、お亡くなりになっていたことがわかり、卒業生の情報が本部に上がってくるよう、今後更なる活性化が必要であることを痛感した。

 廣幡会長より、予定されていたすべての議事が終了した旨が告げられ閉会する。

ロゴ

    【中央学院大学 学友会】

     〒270-1196
     千葉県我孫子市久寺家451
Copyright© 2014 中央学院大学 学友会 All Rights Reserved.