平成25年度 第3回 理事会議事録

1.議事日程

(1)日 時  2013年7月30日(月曜日)、18時~20時
(2)場 所  中央学院大学 本館7階大会議室
(3)出席者  廣幡会長、西丸副会長、山田副会長、井上理事、須山理事、山上理事、宮入理事、新保理事、
        河内理事、森口理事
(4)委任状  押田理事
(5)監 事  島田監事
(6)オブザーバー参加者  椎名名誉会長
(7)特別報告者  畠山慎市弁護士
(8)議事録署名人  廣幡会長、井上理事
(9)事務局  管原

2.理事会の成立

 廣幡会長の指名で進行役・河内理事より理事現員11名、出席者10名、委任状1名、中央学院大学学友会規約
第18条第4項に基づき本会が成立する旨、報告がなされた。

3.審議内容

 廣幡会長が議長として開会を宣言し、配布議事案に沿って審議に入る。
(1)中央学院大学学友会総会の件
 総会の日程は、平成25年度あびこ祭初日にあたる11月2日(土曜日)午前11時に開催することで承認された。なお、総会出席者に総会終了後あびこ祭で利用できる食券1,000円分(500円券×2枚)を配布することも承認された。
(2)中央学院大学学友会会報発行の件
 河内理事より、10月に発行予定の学友会会報に関して、業者(教育広報社)に制作・封入・発送業務を委託した場合に掛かる費用について見積もりに基づき報告がなされた。約320万円前後の費用がかかるが、予算執行等は事務局に一任することで会報を発行することが承認された。
(3)三大駅伝の件
 廣幡会長より、卒業生等から箱根駅伝への応援にはどのようにすれば参加できるのかなどの質問があったことから、学友会として貸切バスを手配してみてはという提案がなされ、河内理事がJTBに見積もりを依頼し、それに基づき報告がなされた。
日帰りで約22万円、1泊2日で約120万円の費用が発生するが、まずは1台手配してみることで承認された。参加者を会報やHP上で募る予定とした。また、卒業生だけではなく家族も一緒に参加できることとした。
(4)学友会支部の今後について
 学長に対し、須山理事より大学側の意向として学友会支部を全国に展開する意志があるかとの質問があった。
椎名学長より、全国展開が理想ではあるが、現時点では全国7つの後援会支部をベースに、学友会支部を増強することが望ましいとの意見が出された。
(5)その他
 理事の交通費等の費用に関して、今まで細かいマニュアルがなかったため、会計担当への請求や支払い等の手順が曖昧な状態で判りにくいという意見が出た。そこで、各理事が必要経費を請求する場合は、①まず会長もしくは会計担当に連絡し、了承を得ることができた場合のみ経費を請求できることとした。②次に会計担当に支払依頼書に領収書を添付して申請するなどの案がでたので、今後会計担当と事務局で規約を定め、経費支払い等のマニュアルを作成することとなった。

 廣幡会長より、予定されていたすべての議事が終了した旨が告げられ閉会する。

ロゴ

    【中央学院大学 学友会】

     〒270-1196
     千葉県我孫子市久寺家451
Copyright© 2014 中央学院大学 学友会 All Rights Reserved.