平成25年度 第2回 理事会議事録

1.議事日程

(1)日 時  2013年6月3日(月)17時30~20時30分
(2)場 所  中央学院大学 本館7階大会議室
(3)出席者  廣幡会長、山田副会長、井上理事、須山理事、山上理事、宮入理事、新保理事、押田理事、
        河内理事、森口理事
(4)委任状  西丸副会長
(5)監 事  島田監事、石山監事
(6)オブザーバー参加者  椎名名誉会長
(7)特別報告者  畠山慎市弁護士
(8)議事録署名人  廣幡会長、森口理事
(9)事務局  池田

2.理事会の成立

 廣幡会長の指名で進行役・河内理事より理事現員11名、出席者10名、委任状1名で中央学院大学学友会規約
第18条第4項に基づき本会が成立する旨、報告がなされた。

3.審議内容

 廣幡会長が議長として開会を宣言し、配布議事案に沿って審議に入る。
【1】中央学院学友会・校友会連合協議会の件
 井上理事より、平成25年6月2日(日)・3日(月)の日程で開催された中央学院学友会・校友会連合協議会定例総会(大学、旧短大、二つの付属高校卒業生の会)について資料に基づき報告がなされ、当総会で、廣幡会長が連合協議会会長に、西丸副会長が連合協議会副会長に、井上理事が連合協議会事務局長にそれぞれ推挙された報告を承認した(任期は2年)。
【2】中央学院大学学友会支部総会の件
 6月8・9日に中国・四国地区支部総会、6月22・23日に新潟県支部総会が予定されている。
また、7月7日に後援会栃木県支部総会が開催されるが、現後援会栃木県支部長が中央学院大学卒業生であり、作新学院高等学校に中央学院大学卒業生の教員が奉職していることから、学友会栃木県支部発足の可能性を探るために、各支部に理事の出席をお願いしたいとの提案がなされ、理事会終了後、廣幡会長と事務局で調整することとした。
因みに、大学総務課の立場として、中国・四国地区支部および栃木県支部へ河内理事が、新潟県支部へ森口理事が参加することが報告された。
【3】中央学院大学学友会会費会計支出規程(案)の件
 新保理事提案の標記の規程案は、過去の経緯や後援会との整合性、現行規程を勘案して、再度森口理事と協議して修正規程案を策定し、次回理事会以降に審議することとした。
なお、近日行われる支部総会開催に対する祝金については、後援会の現状なども調べて会長に一任することとした。また、支部の規程上、学友会本部から支部活動に経済的支援を行う義務があるが、今年の支部総会の会計報告等を勘案して、支援金額については再度検討することとした。
【4】スポーツ・文化振興基金運用規約改正の件
 学友会課外活動助成金支給に関する規約(案)として提案され、内容についてはほぼ承認を得たが、学生にも
わかりやすく、かつ、規約の体裁を整えるよう意見が出され、様式を整えて各クラブに周知することとした。

4.報告事項

【1】中央学院大学学友会留学生(日本)支部設立の件
 河内理事より、平成25年3月23日(土)に開催された支部設立総会について、資料に基づき報告がなされた。
【2】箱根駅伝観戦の件
 廣幡会長より、卒業生等から箱根駅伝への応援にはどのようにすれば参加できるのかなどの質問があったことから、学友会として箱根駅伝応援企画が組めないか提案がなされ、事務局側でいろいろな方法を模索することとした。

 廣幡会長より、予定されていたすべての議事が終了した旨が告げられ閉会する。

ロゴ

    【中央学院大学 学友会】

     〒270-1196
     千葉県我孫子市久寺家451
Copyright© 2014 中央学院大学 学友会 All Rights Reserved.